トイレトラブル研究サロン【直ぐに業者に相談】

コンテンツ一覧

電気と水道の可能性

作業員

凍結の可能性もある

応急処置をする前に、ある程度どんな状態なのか確認する事で、修理業者が来るまでにトイレトラブルの原因を探れるでしょう。特に温水便座をつけている場合、電気系統のトラブルである可能性が高い為、事前の確認で業者に対応を依頼できます。電気系統でもブレーカーや漏電遮断器の可能性が高い場合、修理は電気業者に依頼したほうがいい為、前もって確認してください。水道関係で流れないこともある為、前もって水道がどうなっているのか確認する事は、重要なポイントといえます。例として、水道の凍結について調べる事は、冬は定番とされており、凍結していないか確認してから業者を呼んでください。トイレトラブルで最も多いのが流れなくなってしまった場合ですが、紙以外の物を流していないかどうかチェックする事も重要です。子供が面白半分におもちゃを流すこともある為、普段から子供に正しい使い方を教える事が重要なポイントとされています。紙が詰まっている場合には、ホームセンターで販売しているラバーカップを使って直すことで、紙詰まりが取れる事も少なくありません。また、お湯を使って詰まったものを溶かすことで、トイレトラブルが解消することもある為、少しずつ試してみる事も必要です。ただし、便器に負担がかからないように慎重な行動が望まれる為、自力で実行することに不安を感じる場合には、専門家を呼びましょう。トイレトラブルは応急処置で何とかなる場合と、何とかなりづらい場合とがある為、前もって確認してから業者を呼んでください。